寿ゞ家再生プロジェクト活動報告(5月14日)

今回は、本館地階の風呂場の床を試し掘りしました。

今後の再生作業の段取りのためです。

 

先日取り外した風呂桶の跡から

長軸方向とそれに直行する東西方向にラインを

設定して溝状に床をたたき壊していきました。

 

風呂場の床自体は捨て石やガラの上に

モルタル・タイル貼りなので、

一旦崩した端から下のガラ等を取り出し、

その後で上からモルタル部分を叩くと

比較的容易に壊せました。

 

最初の状態から東西方向の溝を出すまでに

1人工で1時間弱。

その後でガラを片付けるのにこれも

1人工で1時間弱。

今回片付けたガラの量は、土嚢袋28袋分。

浴室の面積約3平米、今回掘った面積は約0、3平米。

全体ではガラの総量は280袋、

壊す時間は30時間となる予想ができました。

 

また、

今回分かったこととして、

浴室の床の下にさらにタタキがあり、

その厚さ30㎝ほど。

浴室の床よりこちらの方がやっかいです。

 

今回溝掘りは東西方向だけでしたが

今後の参考になりました。

   ロゴマークその1
   ロゴマークその1
   ロゴマークその2
   ロゴマークその2

Facebook

新着情報

地域人文化学研究所」に参加しませんか?

この扉、入るや?出るや?